横浜ベイコートクラブとザ・カハラホテル&リゾート建設状況

2018年11月4日に内容更新しました。

こんにちは。

横浜、みなとみらい21で建設が進んでいる、横浜ベイコート倶楽部とザ・カハラリホテル&リゾートの建設状況をお伝えします。

計画概要

リゾートトラストが運営する会員制リゾートホテルである横浜ベイコート倶楽部と高級ホテルであるザ・カハラホテル&リゾートが建設されます。隣のパシフィコノースと合わせて建設され2020年3月に完成予定です。

みなとみらい開発まとめはこちら。

2018年8月10日の状況

地上部分の建設が始まって、クレーンが建ち始めました。

右手の建物はパシフィコノースの会議棟です。

低層部と高層部は階高が違うみたいです。

工事現場のゲート前からです。1本だけ立っているクレーンが細くて頼りなく見えますが、周りができ始めると違った印象になるのだと思います。

臨港パーク側から見た景色です。何もなかったころと比べるとだいぶ変わってきました。

建設が進むと、臨港パークまで歩道が接続されることになります。

2018年8月23日 企業立地促進条例の事業認定

横浜市の「企業立地促進条例(横浜市企業立地等促進特定地域における支援措置に関する条例)」 に基づきリゾートトラストのホテルが助成金の事業に認定されました。

http://www.city.yokohama.lg.jp/keizai/happyou/h30/20180820175324.html

”みなとみらい地区の眺望景観と調和しつつ「ミナトヨコハマ」の新たな風景を創出するデザインが特徴で、国際観光・MICE都市の実現を目指す横浜市に相応しい、国賓級VIPをおもてなしできるファイブスタークラスのホテルを目指します。”(横浜市のプレスリリースから抜粋)

支援額は39億63百万円、支援対象の投下資本は278億81百万円だそうです。

国賓級VIPをもてなすのは、ザ・カハラホテル&リゾートなのでしょう。超高級ホテルができることはとても良いことだと思います。

2018年8月31日の状況

ホテルの客室部分にあたると思われるところの建設が始まっているように見えます。

高さ60mの制限いっぱいまで建てるので、それなりの高さになるはずです。これから集を追うごとに高くなっていくと思いますので、定期的に見ていきたいと思います。

2018年10月20日の状況

大分建設が進んでいます。

筋交いが見えますね。

20街区の全景です。手前がパシフィコ横浜 ザ・ノースです。奥が横浜ベイコート倶楽部です。

こちらが横浜ベイコート倶楽部とザ・カハラホテル&リゾート部分です。かなりできてきました。

こちらは道路から見た建設状況です。こうしてみるとかなりの規模感に見えますね。高さはまだ高くなるような気がするのですが、高さ60mなので、もうそろそろ打ち止めだとは思います。あのイメージ図だともっと曲線感がでているので、外側の意匠がこれから変わるのでしょうか?現在の骨格だと少しカーブが出ているだけな感じがしますが。

最後までお読みいただきありがとうございました。