神奈川大学みなとみらいキャンパスの建設状況

2019年7月20日に内容更新しました。

こんにちは。

神奈川大学みなとみらいキャンパスの建設状況をお伝えします。

神奈川大学みなとみらいキャンパスとは

神奈川大学の本部がある横浜キャンパスとの位置関係はこんな感じです。イメージは神奈川大学のwebサイトから抜粋しました。

本部は六角橋にあります。みなとみらいキャンパスからは直線距離で約3㎞のようですね。神奈川大学は2028年に創立100周年を迎えるようですがそこに向けた計画の一環でみなとみらいにキャンパスを建設するようです。

現在ではなくなっていますが、神奈川大学発祥の地がみなとみらいキャンパスの近くだったようです。

完成予想図はこのような感じです。このイメージ図も神奈川大学の公式サイトから抜粋しました。

個人的にはこのデザインは良いと思っています。ただ、このデザインに行きつくまで納戸かデザインの変更がありました。そのいきさつはこちらを参照ください。

みなとみらいキャンパス建設状況

ここからはみなとみらいキャンパスの建設状況を書き記していきます。

2018年10月20日の状況

重機が入り始め、基礎工事に着手し始めているようです。工事は着工していますが、ここからしばらくは基礎工事なので、外部からは進み具合はわかりにくい期間になりますね。

2018年11月23日の状況

基礎工事に着手しているようです。先があるので地上からは見えないので、ランドマークタワーから撮影しています。まあ当分基礎工事だと思うので、あんまり情報の更新は無いかもしれません。

2018年12月28日の状況

まだ、基礎工事中なので、外見上の変化には乏しいのですが、柵にイラストが描かれました。神奈川大学のポスターとかに描かれているクジラの絵とかが描かれています。

囲いに描かれている文言からは神奈川大学がやる気満々であることがうかがえます。

2019年5月26日の状況

ついにクレーンが立ちました。

神奈川大学

神奈川大学

神奈川大学

神奈川大学

クレーンが立つということは基礎工事が終わり、地上部分の躯体ができ始めることを意味します。地上部分の工事は日に日に状況が変わるので見ていてとても楽しいものです。竣工予定が2020年11月とのことなので、これから1年くらいかけて建物ができていくのだと思います。

この周りでは、ウェスティンホテルや、KRF48による開発などが同時進行していますので、数年後には景色がだいぶ変わると思います。

2019年7月20日の状況

まだ地上部分は見えません。

IMG 8491

IMG 8502

IMG 8503

クレーンが2基立っています。稼働はしている感じなので、そう遠くない日に地上の躯体が見えてくるものと思います。

竣工するまで定期的にモニターしていきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。