横浜市営地下鉄の新百合ヶ丘への延伸が決まった模様

こんにちは。

横浜市営地下鉄ブルーラインのあざみ野ー新百合ヶ丘間の延伸が決まった模様です。

神川新聞によると横浜市営地下鉄あざみ野駅から小田急新百合ヶ丘駅までの区間の延伸について横浜市と川崎市の間で大筋合意がされ、1月下旬に両市町から発表があるとのことです。

あざみ野ー新百合ヶ丘間の延伸は国土交通省の交通政策審議会の答申に記述されていて、横浜市が2018年度末までに事業化の判断をするとされていたようです。

下の資料は国土交通省交通政策審議会の資料から引用しました。

新駅は青葉区と麻生区のそれぞれ2駅ずつ設けるそうです。開業は2030年ころをのようです。この路線ができると小田急沿線から新横浜へのアクセスが良くなるため新幹線の利用者が増えるような気がします。東急の新横浜乗り入れもあわせると東京南西部の新幹線利用者が新横浜を使うようになると思うので、新横浜はまだまだ発展するかもしれません。

最後までお読みいただきありがとうございました。